3Dモデルでみる東京

3Dビューアのスクリーンショット 3D都市モデルに、都バスや河川のリアルタイムな情報など、様々なデータを重ね合わせてみる

建物や街の様子を再現する3D都市モデル。様々なデータを重ね合わせることで、これまでと違う角度から東京をみることができます。

東京都デジタルツイン
3Dビューア(β版)
【推奨環境】
1.機器
  • 最小システム要件:
    CPU: 2 GHz デュアルコア、システムメモリ(RAM): 4GB
2.ブラウザ
  • 最新のChrome, Firefox, Edge, Safari
詳しくみる

デジタルツインとは?

センサーなどから取得したデータをもとに、
建物や道路などのインフラ、経済活動、人の流れなど様々なフィジカル空間(現実空間)の要素を、
サイバー空間(コンピューターやコンピューターネットワーク上の仮想空間)上に
「双子」のように再現したものです。

デジタルツインの提供価値の視覚的イメージ図

デジタルツインの提供価値

現実と連動したリアルタイムデータ取得
IoTセンサー技術や5Gの進展により、様々なデータをリアルタイムに収集
3D空間を活かした分析・シミュレーション
これまでの平面の地図上だけでなく、3次元空間の中で、従来は重ね合わせることが難しかったデータを可視化。AIによって高度な分析・シミュレーションが可能
現実へのフィードバック
その結果をAR/VRやロボットなどの各種デバイスへ、リアルタイムにフィードバック

様々な技術を最大限に活用することにより、都政のQoS(Quality of Service)をアップグレードし、都民の生活の質の向上を目指します。

活用分野

防災・まちづくり・モビリティ・エネルギー・自然・ウェルネス・教育・働き方・産業といった様々な分野での活用が期待されます。

2030年に実現を目指す、東京都のデジタルツイン

変化が激しく先行き不透明な社会情勢の中で、東京都は多岐に渡る課題を抱えています。
例えば、少子高齢化・人口減少、人流・物流の変化、 気候変動の危機、首都直下型地震への備え。

これらの課題を解決するためには、デジタルテクノロジーを駆使した変化への対応が不可欠です。
東京都は、サイバー空間とフィジカル空間の融合によるデジタルツインを産学官一体で実現することで、 課題解決と都民のQOL向上を目指します。

さらに、東京都がデジタルツインの社会実装の先駆けとなり、 国内外他都市への波及を通じて日本を牽引します。

デジタルツイン実現プロジェクト 2021年度の実施事項

実証事業
実証01
地下空間も含めたリアルタイム人流可視化
実証02
地下埋設物の3D化による業務改善効果検証
実証03
スマートフォンを活用した3Dマップ更新検証
ロードマップの策定

デジタルツイン社会実装に向けた具体的な設計図(ロードマップ)の構築

東京都における「都市のデジタルツイン」
社会実装に向けた検討会

ロードマップ策定の方向性や技術的課題等について有識者及び内外関係者で議論

専用Webサイトの構築・公開

デジタルツイン実現プロジェクトについて、都民に発信するWebサイトを構築及び公開

社会実装に向けた実証

2021年度中に、都内エリアの3D都市モデルや各種地理空間データを活用した、
デジタルツインの実現に資する3つの実証を行います。

実証 01 地下空間も含めたリアルタイム人流可視化

実証01のイメージ図

人々の動きや混み具合を
把握し、安心な移動を
サポート

詳しくみる

実証 02 地下埋設物の3D化による業務改善効果検証

実証02のイメージ図

地中の様子を3Dで把握し、
生活を支える
ライフラインを管理

詳しくみる

実証 03 スマートフォンを活用した3Dマップ更新検証

実証03のイメージ図

人々が参加し
アップデートする、
デジタルツイン

詳しくみる

有識者検討会

デジタルツインの社会実装に向けたロードマップ策定の方向性や技術的な課題等について、
有識者及び内外関係者で議論するための検討会を実施しています。

第2回 東京都における「都市のデジタルツイン」社会実装に向けた検討会

内容

  1. 宮坂副知事挨拶
  2. ロードマップ初版に関する有識者意見聴取
    (整備要素・取組分野・官民役割分担のあり方、整備効果の考え方等について)
  3. 「デジタルツインの活用事例から考える行政データの整備と利用」(瀬戸委員講演)
    「静岡県が目指す「VIRTUAL SHIZUOKA構想」とは?」(臨時委員 静岡県 杉本様講演)
    など

日時

令和3年8月19日(木)10:00~12:00

事務局資料

杉本臨時委員資料

瀬戸委員資料

詳細はこちら

第1回 東京都における「都市のデジタルツイン」社会実装に向けた検討会

内容

本年度の取組内容について
デジタルツイン構築に向けたロードマップ作成にあたっての方向性について など

日時

令和3年6月8日(火)18:00〜19:30

詳細はこちら

今後の公開予定

本Webサイトはデジタルツイン実現プロジェクトの進捗に合わせて、コンテンツを更新予定です。
更新内容は「NEWS」でお知らせします。

主な予定コンテンツ

  • 東京都デジタルツイン3Dビューアの掲載データを随時追加予定
  • デジタルツインのロードマップの検討結果を年度後半に公開予定
  • 実証結果を年度後半に公開予定 ほか