実証 03 スマートフォンを活用した3Dマップ更新検証

人々が参加し
アップデートする、
デジタルツイン

実証03のイメージ図

建物モデルでは表しきれない、より詳細な都市の要素を点群データ※1により付加します。
変化の早い街の3Dデータを都民参加によって更新しやすいよう、スマートフォンのLiDAR※2機能を用いて点群データを取得・更新する仕組みを検証します。

  • 点群データの重畳により、3D都市モデルを精緻化する。
  • 人々がスマートフォンを用いて手軽に、都市の様々な要素をすぐに3D都市モデル上に反映、更新する仕組みを試行する。
  1. 点群データ (ポイントクラウド)
    三次元空間上での位置や色の情報を持つ点群が集合した3次元データのこと。点が集まることによって物体の形状や質感を表現する。
  2. LiDAR (Light Detection and Ranging)
    点群データを取得するセンサの一種。レーザー光を様々な方向に飛ばし、跳ね返ってきた情報から周囲の環境をセンシングし点群データを作成する。

実施エリア

西新宿地区

西新宿地区エリアの写真

実施内容

  • 3D都市モデル上への点群データ重畳により、建物モデルより詳細な都市の要素(看板、駐車車両、細かい段差等)を付加できるか検証する。
  • 早いサイクルでの更新が予測されるベース点群上の地物データについて、スマートフォンLiDARの活用により取得した点群データを用いた重畳・更新を試行するほか、その仕組みの活用事例について検討する。

実施スケジュール(予定)

2021年10月まで
ベース点群データ取得
2021年12月まで
LiDARによるデータ取得・ベース点群データへの重畳
2022年1月まで
AR表示検証
2022年2月まで
成果とりまとめ